豊橋市・豊川市・蒲郡市・浜松市にあるペットショップクンクン ペット美容/ペットホテル/フード用品販売/仔犬仔猫


告白

2014年2月

私達家族は最大のピンチにみまわれた。

妻(マネージャー)に乳ガンが見つかり、4月に手術を受けることが決まる。

更に愛犬のプーロンも乳ガンが再発して3回目の手術をすることになる。

妻は父親を肺ガンで亡くしており、その苦しむ姿に直面していることから、ガンへの恐怖心が強く、精神まで病んでしまう。

人生のどん底を感じた。

しかし、手術を乗り切り、退院後もガンと向き合い、闘う術を探して元気になった。

愛犬のプーロンはというと、妻の思い入れが強く、『どうしても治したい!!』と手術や放射線治療等を施したが、7月に亡くなった。

プーロンにはかなりの負担をかけてしまい後悔がないわけではない。

3度目の手術後、後ろ右足が動かなくなり身体が不自由になった。

それでも、一縷の望みをかけて、車で浜松から岐阜まで放射線治療に連れ回してしまった。
しかし、手遅れで何をしても無駄だった。

“何もしなければ今も生きていたのでは”と悔やむ。

高額な治療費も無駄な散財だったのでないか…。

それでも、病院の先生方は全力で治療にあたり、私達を励ましてくれた。

何より、ガンと闘う妻の励ましになった。

下駄箱の下にこもるようになる。

手術後三本の足となる。

健気にがんばってトイレまで行く。

途中、何度も転んで、それでもトイレシーツまで行く。

可哀想で泣ける。(僕は君に厳しくトイレをしつけたから)

声かける。

出来る限り動かなくて済むように、ベッドの横にもトイレシーツを敷くが、遠いトイレまで這って行く(泣ける)

トイレで力尽きて、戻れなくて“ウォ~ウォ~”と悲しげな声で鳴き、僕に救いを求めるようになった。

ウンチまみれの体を拭きベッドに戻してあげる。

ベッドをトイレのそばにおいてあげた。

この頃が大変だった。

部屋中がウンコまみれで、トイレシーツと除菌スプレーが手放せない生活。

これがプーロンと僕の最後の夜だった。

身体を拭いてやり抱きしめて、たくさん話をした。

体が不自由だからと抱っこして部屋の隅々まで見せてあげた。

翌日の午後、同居しているプーロンの娘・ピータンが騒ぎはじめた。

行ってみると、ピータンはプーロンに顔を寄せて、プーロンを見つめている。

『プーロン!!』と呼んでも動かない。

異変に気づき、妻も子供も来た。

妻が抱くと何回か大きく深く息をした。

魂を吐き出すように見えた。

天国に逝った。

みんな泣いた。

僕も…妻も…子供も…みんな泣いた。

ある本で『死ぬことは自然の事だから潔くお別れしましょう』と読んだ事がある。

それでも、1日でも長く…1分でも長く…もっと長く一緒暮らしたかった。

プーロン、13年間ありがとう。

今でもその時の日記を読み返すと涙が止まらない。

息子が春から一年生となり、学校行事が多く忙しい時期。

妻の入院中は家事や子供の世話、病気の犬の介護。

仕事にも影響あり、岩田店の移転計画も頓挫させてしまった。

毎日通った妻の見舞い帰りには、子供は車の中で寝てしまう。

子供も疲れていたのだろう。

日常、あたりまえの日々のはずだった。

毎晩『お母さん』と泣いていた子供も、今では学校に慣れて元気で通っている。

妻も心身ともに元気になった。

僕は頓挫させ遅れてしまった岩田店の仕事を頑張っている。

試練を乗り越え、家族の絆も強くなった。

家族で秋のお祭りを楽しんだ。